心エクササイズ

LINEで送る
Pocket

般若心経を写経する前に知っておきたいこと①

2018/06/26

早くも立冬でしたね。
先週末は、正倉院展(正倉)を観てきました。
校倉造の正倉そのものの大きさ(色)と威風に圧倒されました。
おそらく脳が喜んだということですね・・

どうも、美文字講師の溪春Keisyunです。

今日は、「般若心経を写経する前に知っておきたいこと」についてです。

先日の100回記念登山会(山耀会)で揮毫させていただく際に、
事前に般若心経を写経したのですが、その時にいくつか般若心経における
要点を自分なりに復習しましたのでまとめてみますね。

般若1書/溪春Keisyun

 

では、
そもそも般若心経ってご存知ですか?

 

正式名称を『摩訶般若波羅蜜多心経 まかはんにゃはらみたしんぎょう』といい、
『大般若教』という600巻からなる経典を276文字にまとめたものです。
日本では、真言宗、天台宗、臨済宗、曹洞宗、浄土宗と宗派問わず広く読まれているお経です。

 

お釈迦様の教えであることから決まった作者はおらず、
いつ書かれたものかもはっきりとはしていないとのこと。

 

西遊記の三蔵法師のモデルである玄奘三蔵(げんじょうさんぞう)が、
お経を学ぶために中国からインドへと行き、古代インド語であるサンスクリット語で書かれた原文を持ち帰り、中国語に翻訳したものがもととなっています。

 

いったい、どのような意味で書かれているのでしょうか?

 

お経の題名『摩訶般若波羅蜜多心経 まかはんにゃはらみたしんぎょう』 

「摩訶」とは、「偉大な」「大きな」という意味。
「般若」とは、「智慧ちえ」という意味。
日本でいえば凄まじい形相の鬼面を指しますが、まったく関係ありません。

「波羅」は、「あちらの岸」、つまり彼岸です。
彼岸とは本来、苦しみがなく安らかな気持ちで過ごせる場所の事。
対して「こちらの岸」、つまり私たちいる世界は、何かを手に入れたい気持である「貪り」や、思い込みで物事を判断してしまう「愚かさ」、都合通り事が進むことを願う「わがまま」などで満ちています。

「蜜多」は、「至る」という意味。

「心」は、大事なもの、本質、核心。
「経」は、「縦糸」という意味。
仏さまの教えを書いた紙を縦糸でつないだことから、「経」は「仏さまの教えを書いたもの」を指すようになったとのこと。

img_2464書/溪春Keisyun

 

 

いかかですか?
ザクッっと意味を掴めましたか?

 

「心穏やか安らかになるための偉大なる智慧」と申しましょうか・・ 

 

ワタクシ的に大切なところは、
実は、「般若」とは、「智慧ちえ」であって、「知恵ちえ」でないということ。 

 

智慧とは、我々が日常的に使う知恵とは違って、
世の中の在り方や現象の深い知識(モノの見方)のことをいい、
知恵とは、生活していくうえで知っておいた方が便利な知識のことをいう。

 

つまり、般若心経とは、
仏さまが説いた、心が豊かに安らかになるための素晴らしい智慧であり、
その智慧を理解し、自らの人間性を完成させるための教えなのです。 

 

多くの人は、お経というのは、
誰かが亡くなった時や回忌法要の時に唱えられるものだと思っているかもしれません。
でも、これそのものも、
そもそも固定観念(あるモノの見方)かもしれませんね。

 

このお経は、
本当は、生きている人を救い、
その人間の智慧を完成させようとしている仏さまの深い教えなのです。
ただ単に亡くなった人を導くためだけの教えではなく、
むしろ今生きている我々人間を導くための教えが、般若心経と言えるのです。 

 

ただし、この教えというのは・・
大事なところなので、もう一度繰り返し言いますね。

悟りの境地に達するための教え(知恵・方法)テクニックではなく、
境地そのものの本質(智慧)を説いているのです。
そこを、絶対に取り違えてはなりません。 

 

では、いったい・・
どんなことが書かれているのでしょうか?

次回につづく・・

溪春Keisyun

 

=================================

▼秋の奈良 かけあしリフレッシュひとり観光してきましたよ。
正倉院展は、金曜日でしたので、20分程の待ち時間でラッキーでした。

img_2563

 

美文字のためのレッスンを試してみませんか?

あなたは、こんなお悩みありませんか?

  • 芳名帳などに記帳するときに、汚い字で恥ずかしい…
  • 買い物をクレジットでするときに、サインをもっとカッコよく書きたいと思っている…
  • 人前でホワイトボードに字を書いたとき、汚字で「外見とギャップがある」と言われて恥ずかしい思いをした…
  • 文字から、勝手に性格まで推し量られるのがイヤ…
  • 他人の綺麗な字を見たときに、私もあんな字が書けたら…と羨ましく感じる…
  • ペン字練習帳を買ってやってはみたものの、三日坊主でつづかなかったのが情けなく思う…
  • 自分の名前および字にコンプレックスがある… etc

もしあなたが「美しい文字を書けるようになりたい」とお考えなら、しかもできるだけ短期間で簡単に着実に上達できる方法をお探しなら、当書道教室の体験レッスンに参加してみませんか?

ちなみに最近では、体験レッスンを受講されてからご入会を判断される方もいらっしゃいます。

まずは、美しい文字が書けるようになる理論と感覚が身につく“溪春メソッド”で、あなたの文字が美しく変身することを、ぜひお試しください。

体験レッスンについて詳しくは、こちらをクリック⇒

溪春書道教室へのアクセス

みんなが通いやすい場所、会社帰りに便利な大阪ビジネス街のどまん中!

【大阪谷町のレンタルスペース TRUNK】 大阪市中央区鎗屋町2丁目2-4イチクラビル2F

  • 地下鉄谷町線「谷町四丁目駅」6番出口より徒歩5分
  • 地下鉄堺筋線、中央線「堺筋本町駅」より徒歩6分

体験レッスンのご予約は、お電話・ネットから

友だち追加
LINEから、お問い合わせ・お申し込みができます

ネットからは、こちらをクリック

お電話は、こちらをタッチ

大阪市 中央区 書道教室

LINEで送る
Pocket

-心エクササイズ
-

お申込み・お問合せは、こちらをタッチ