作品

LINEで送る
Pocket

書作品の想い:『無我』

この世のものは、すべてお互いに関わり合って存在している。

 

初書展のテーマ: あなたは見えない世界を信じますか?

私たちは、見えない心の世界で、いつももうひとりの自分と対話しています。
知らず知らずのうちに、自我がムクムクと起き上ってきます。

我執というもの・・自己への執着、エゴイズムですね。
そのエゴを打ち消すのが「無」

我欲、私心のないこと。無心であることが『無我』です。
ただ、『無我』にはもうひとつの意味があります。

 

 

この世のものは、すべて単独に孤立してあるものではなく、みんな互いに関わり合いがなければ存在することができない・・相互に依存関係があって、初めて一切は存在するという意味があるのです。

つまり、互いに力になり、持ちつ持たれつの関係があって、初めて目に見えるものが存在するといえるのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

はじめの「我が無い」という意味に、関わり合いの意味を加えて、『無我』の制作に取り掛かりました。

当初あれやこれやと考えながら書き始めたころはしっくりきませんでした。
いろんな欲が出ていたかもしれません。『無我』なのに・・

 

ところが急に、
関わり合いを象徴する丸い形が、私の頭の中を駆け抜けたんです。

 

「そうや、『無』の一画目を円相であらわそう!」とひらめいたんです。

円相とは、禅における書画のひとつで、図形の丸(円形)を一筆で描いたもの。
悟りや真理、仏性、宇宙全体などを円形で象徴的に表現したものといわれています。

 

▲手前が竹筆、これで揮毫しました

 

そこで、無心で一枚目を竹筆ですすめます。
やっぱりです。しっくりきたんです。

しかし、2枚目からは欲が出てきたのでしょうか・・
いっこうに納得いくもの、しっくりしたものが書けなくなりました。

振り返りますと、あの一瞬が宇宙と繋がった瞬間だったかもしれません。
もう二度と、あの円と竹筆が一体となった一画目が書けないのです。

 

  ▲この世を飛び越えた一画目の円相

 

それくらい無心で書き上げた、最初で最後の作品であります。

見えない力に導かれていたのでしょう・・
『我』の最後の点も、○になっていました。

 

この世のものは、すべてお互いに関わり合って存在している。

 

作品制作の想い、ここまでお読みくださりありがとうございました。
溪春

溪春作品集は、こちらをクリック⇒

美文字のためのレッスンを試してみませんか?

あなたは、こんなお悩みありませんか?

  • 芳名帳などに記帳するときに、汚い字で恥ずかしい…
  • 買い物をクレジットでするときに、サインをもっとカッコよく書きたいと思っている…
  • 人前でホワイトボードに字を書いたとき、汚字で「外見とギャップがある」と言われて恥ずかしい思いをした…
  • 文字から、勝手に性格まで推し量られるのがイヤ…
  • 他人の綺麗な字を見たときに、私もあんな字が書けたら…と羨ましく感じる…
  • ペン字練習帳を買ってやってはみたものの、三日坊主でつづかなかったのが情けなく思う…
  • 自分の名前および字にコンプレックスがある… etc

もしあなたが「美しい文字を書けるようになりたい」とお考えなら、しかもできるだけ短期間で簡単に着実に上達できる方法をお探しなら、当書道教室の体験レッスンに参加してみませんか?

ちなみに最近では、体験レッスンを受講されてからご入会を判断される方もいらっしゃいます。

まずは、美しい文字が書けるようになる理論と感覚が身につく“溪春メソッド”で、あなたの文字が美しく変身することを、ぜひお試しください。

体験レッスンについて詳しくは、こちらをクリック⇒

溪春書道教室へのアクセス

みんなが通いやすい場所、会社帰りに便利な大阪ビジネス街のどまん中!

【大阪谷町のレンタルスペース TRUNK】 大阪市中央区鎗屋町2丁目2-4イチクラビル2F

  • 地下鉄谷町線「谷町四丁目駅」6番出口より徒歩5分
  • 地下鉄堺筋線、中央線「堺筋本町駅」より徒歩6分

体験レッスンのご予約は、お電話・ネットから

友だち追加
LINEから、お問い合わせ・お申し込みができます

ネットからは、こちらをクリック

お電話は、こちらをタッチ

大阪市 中央区 書道教室

LINEで送る
Pocket

-作品
-

お申込み・お問合せは、こちらをタッチ