心エクササイズ

LINEで送る
Pocket

この世の名前、あの世の名前を胸に・・旅立つ最期のとき・・

2017/07/18

ちょっと今日は・・
重たいかも知れません・・が、よかったらお付き合いください。

 

去る7月20日、私の叔父が亡くなりました。

66歳

ガンが原因で数年前から入退院を繰り返していましたが、
いよいよ今年になって、余命宣告があったらしい。

桜が咲くころ、叔父さんから相談を受けました。

 

お墓について・・
お寺さんについて・・ です。

叔父さんは、分家
私は、本家

家族構成でいろいろ考え方がありますので、
ここでは、その詳細は伏せます・・

 

その時、おこがましいですが私が
叔父さんにアドバイスしたことがあります。

「叔父さん、もう戒名いただいたらどうですか?」と・・

亡くなってからいただく場合や、
生前にいただく場合などいろいろあります。
お寺さんとの関係や本人の価値基準にもよるでしょう。 

 

叔父さんは即決、
生前にいただくほうを選びました。

やはり、あの世での名前を自分で認識していたかったのでしょうか。
私もまったく同感です。 

 

それから1か月後、
戒名をいただき 私に教えてくれました。

私:「えらい、イイお名前いただきましたね。」
叔父:「そやろ、ええやろ。」 

 

その時は、もうすでに左手がかろうじて動くくらいで、
その他は動かせない寝たきりの状態でした。

痛みに堪えながらも、意識はハッキリしていました。
さすが、元商社マン・・

こんな状態でも、脳はキレまくりです。
私も最後の最後にいろいろと説教されました。 

 

ありがたいかぎりです・・ 

 

話しを戻しますが、
それから、私は、その戒名を幾度となく筆で書いてみました。

何故か、
その戒名というか、文字が愛おしくなってきました。 

 

繰り返し、繰り返し書くほど
字のバランスが整ってきました。

最終的には、清書して叔父さんに見せてあげようと・・ 

 

たまたま、叔父さんも多少は字心があるみたいで、
中国へ転勤している際に購入した「墨」を
「ワシはもう書けんからお前にやる!」 といただきました。 

 

清書・揮毫するにあたっては、
その「墨」を磨りながら・・ 感情入りまくりです。 

 

それを、書き上げ
ひと月 経つ頃、
いよいよ最期のときが近づいてきたとの知らせが入りました。 

 

そして、先週の土曜 7月16日
半紙に書いた戒名をもって、最後のお見舞いに行ってきました。 

 

叔父さんは、身体の痛みと呼吸する時のノドの苦しさに耐えながら、
眉間にしわを寄せながらも、私との応対をしてくれました。 

 

その時、私は、
戒名を叔父さんの目の前に差し出しました。

成一6

 

「おっちゃん、戒名書いてきたで!
それも、おっちゃんからもらった墨で書いてきたで! カッコええやろ!!」

 

すると、
苦しそうな顔をして、目を閉じたままのおっちゃんが、

なんと、
ギョロリと目を全開し、
瞬きもせずにその半紙を10秒ほど凝視したのです。 

 

そして、つぶれた声で一声を発しました。

「カッコええなぁ~~~・・・」と・・

 

それから、苦しそうな顔が一変、
穏やかな顔になって、ゆっくりと目を閉じました。 

 

まるで、仏さんのような顔をしていました。
閉じた目には、うっすらと光るものが見てとれました。 

 

この世の最期が近いこのとき、
あの世の名前「戒名」を胸に、安らかに目を閉じる・・
この瞬間を目の当たりにして、 

 

私は感じることができました。 

 

旅立つ叔父さんと残される親族が、
「戒名」というあの世の名前で、この世とつながるしあわせ感を・・ 

なんとなく感じることができました。 

 

だから、子も孫も
その戒名を想い、供養してあげる・・ 

だって、叔父さん自身がその「あの世の名前」を目にして旅立ったのだから
なお一層のこと・・。 

 

そして、法要のごとに、
その戒名に意識を集中してつかわす・・ 

これほど、故人の供養になるものはないのではなかろうか。
と、私は思うのです。

 

戒名には、その故人の「生きざま」の文字が刻まれている・・ 

そのためにも、あの世の名前を自分の意志で表せるとしたら
どれほどしあわせだろうか・・ 

 

われわれこの世に生まれてしばらくすると、名前が決まっている。
自分の意志ではなくもう在るわけですね。

好きも嫌いもありません。
決められているのですから・・ 

 

ここ数十年~昨今、読めないようなキラキラネームの子供、
つけられた当の本人はどう思っているのでしょう。
真っ二つに分かれるそうです。 

 

せめて、あの世に旅立つときには、
自分の意志が入った文字の名前を、
自分自身が認識している状態でありたいものです。 

 

それも、その名前が
親族による肉筆で揮毫されているとしたら・・
ましてや、
生前、自分自身で揮毫していたとしたら・・ 

 

どれほどしあわせかと思うのです。
もしかしたら、あの世の自分と向き合えるかもしれませんね。 

 

この世の名前も、
あの世の名前も、
しっかり書けるようになっておきたいものですね。 

 

スミマセン。今日は、
私の価値観です・・  ご容赦ください。

.

 

最後に、
私が病室を去る際、
眠っているはずの
叔父さんが声をふりしぼって出した言葉があります。 

 

それは、 

 

・・ 

 

・・ 

 

「ありがとう・・・」  でした。 

 

・・ 

 

そして、私は返しました。 

 

・・ 

 

「おっちゃん、 こちらこそ、ホンマありがとう・・・」 

 

・・ 

 

・・ 

 

その、4日後
20日 満月の深夜早朝
叔父さんは旅立っていきました。

 

IMG_1565

 

そして、

揮毫(戒名)も、叔父さんとともに旅立っていきました。。。。。

 

===========================

ここまで、お読みいただきありがとうございます。

※戒名について、私の考えに少しでも共感いただける方
ぜひ、「いいね!」をいただけたらうれしいです。

===========================

いつもありがとうございます!
それでは、また・・

美文字インストラクター
藤田ヒロシ

 

アクセスhttps://fujiccohiroshi.com/WP/acsess/
体験レッスンhttps://fujiccohiroshi.com/WP/lessonmenu/

.

◆◇◆◇◆  ◆◇◆◇◆  ◇◆◇◆◇◆

40代50代の健康を考える書道教室
おとなの美文字エクササイズ|美文字インストラクター 藤田ヒロシ 

****************************
 40代50代以外の方もレッスン体験中!!
****************************

美文字のためのレッスンを試してみませんか?

あなたは、こんなお悩みありませんか?

  • 芳名帳などに記帳するときに、汚い字で恥ずかしい…
  • 買い物をクレジットでするときに、サインをもっとカッコよく書きたいと思っている…
  • 人前でホワイトボードに字を書いたとき、汚字で「外見とギャップがある」と言われて恥ずかしい思いをした…
  • 文字から、勝手に性格まで推し量られるのがイヤ…
  • 他人の綺麗な字を見たときに、私もあんな字が書けたら…と羨ましく感じる…
  • ペン字練習帳を買ってやってはみたものの、三日坊主でつづかなかったのが情けなく思う…
  • 自分の名前および字にコンプレックスがある… etc

もしあなたが「美しい文字を書けるようになりたい」とお考えなら、しかもできるだけ短期間で簡単に着実に上達できる方法をお探しなら、当書道教室の体験レッスンに参加してみませんか?

ちなみに最近では、体験レッスンを受講されてからご入会を判断される方もいらっしゃいます。

まずは、美しい文字が書けるようになる理論と感覚が身につく“溪春メソッド”で、あなたの文字が美しく変身することを、ぜひお試しください。

体験レッスンについて詳しくは、こちらをクリック⇒

溪春書道教室へのアクセス

みんなが通いやすい場所、会社帰りに便利な大阪ビジネス街のどまん中!

【大阪谷町のレンタルスペース TRUNK】 大阪市中央区鎗屋町2丁目2-4イチクラビル2F

  • 地下鉄谷町線「谷町四丁目駅」6番出口より徒歩5分
  • 地下鉄堺筋線、中央線「堺筋本町駅」より徒歩6分

体験レッスンのご予約は、お電話・ネットから

友だち追加
LINEから、お問い合わせ・お申し込みができます

ネットからは、こちらをクリック

お電話は、こちらをタッチ

大阪市 中央区 書道教室

LINEで送る
Pocket

-心エクササイズ
-,

お申込み・お問合せは、こちらをタッチ